薄毛治療で使う内服薬の種類

男性型脱毛症の薄毛治療の効果が認められ内服薬に使用されている有効成分にはフィナステリドとミノキシジルがあります。両方共医薬品ですのでドラッグストアなどでは販売できず医療機関での処方箋が必要になります。

 

フィナステリドとは

フィナステリドはジヒドロテストステロンを抑制する効果が確認されていまして薄毛治療に広く使用されています。ジヒドロテストステロンは抜け毛の原因とされるホルモンで抑制することで抜け毛の予防をおこないます。フィナステリドを主成分としている薄毛治療薬にはプロペシアがあります。またジェネリック医薬品のフィナステリドも販売されています。

 

ミノキシジルとは

ミノキシジルは発毛を促す成分で外用薬としても薄毛治療に使用されています。内服薬にすることでより吸収率を高めることができ薄毛治療における効果も高まります。血行促進効果が高く毛根に栄養が届きやすい体質へと改善することができますので薄毛治療に広く使用されています。

 

目的によって使い分ける

フィナステリドは予防効果が高くミノキシジルは発毛効果が高いです。治療内容によって使い分けや併用することでより有効的な治療がおこなえます。処方を求める方は薄毛治療をおこなっている医療機関に相談してください。