薄毛治療は保険が効くのか?

男性型脱毛症の薄毛治療を病院など医療機関で受ける場合には健康保険が適応されません。薄毛治療に使用されるフィナステリドやミノキシジルといった治療薬も健康保険の対象外になります。薄毛治療は保険外診療のため医療費が高額になりますので医療費が高額になってしまいます。

 

薄毛治療は高額医療控除の対象になるのか

高額の医療費を支払った場合に払い戻しを受けられる高額医療控除という制度があります。薄毛治療の医療費は高額医療控除の対象になるかというと、ほぼ不可能です。審美性を高めるための医療費は高額医療控除の対象外になりますのでよほどの理由がない限り高額医療控除は受けられません。

 

ジェネリック医薬品で医療費を抑えることもできます。

薄毛治療の医療費が高額過ぎて諦めている方にはジェネリック医薬品による治療方法もあります。ジェネリック医薬品は新薬と同じ成分、効き目の医薬品ながらコストが低く低価格で医療費を抑えるのに効果的です。興味がある方は医療機関で相談してみると良いでしょう。

 

料金は医療機関によって大きな差がああります。

保険適応外の診療では医療機関が独自に料金体制を決めていますのでそれぞれの医療費に大きな差があります。ホームページなどで料金を公開いしているクリニックや無料カウンセリングをおこなっているクリニックも多くありますので参考にしてください。